dünn one pencover(デュン ワンペンカバー)は薄いから、どこに入れても使いやすい!スーツやペンケースに入れて試してみました。

この商品を買ったらどんな風に使おうかなとか、この商品があれば今の生活がどれだけ豊かになるだろうとか、モノを買うときに考えることはたくさんありますよね。 ネットだと画像しか見られないので、商品がどんなものかいまいちよくわからなくて買うのを躊躇してしまうことも…。 そこで、この記事ではdünn one pencover(デュン ワンペンカバー)をいろんなところに収納して使い心地を試してみました! お買い物のお役に立てば幸いです。 まずはデュン ワンペンカバーの紹介から。 万年筆の一本差しというと、大きい、分厚い、かさばるものが多いと思います。 大切な万年筆なので万が一の落下や、バッグの中での他の荷物との衝突から守るには仕方のないことです。 ただ、そうなると万年筆一本だけを他の文房具と分けて持ち歩くことになります。 それだけ余計な荷物が増えるし、つい家に置き忘れてきてしまった、なんてことも。 デュンでは、大切な万年筆をもっと身近に、もっと気軽に万年筆を持ち歩けないか考えました。 そこで、一本差しとしての機能を「表面の傷や汚れから守る」ことに特化させた商品を作ることにしました。 柔らかく薄い革がペンの表面にフィットします。 上下には長さの違うスリットが入っているため、お使いの万年筆のクリップ位置にあわせて引っ掛けてください。 薄さ0.5mmの本革をまとっているだけなので、持った感じは何もつけていない万年筆とほぼ代わりありません。 この状態でワンペンカバーつき万年筆を持ち歩いてみましょう。 よく使うペンはスーツの胸ポケットに差している方って多いですよね。 1本だけならまだいいのですが、2,3本まとめて差しているとペン同士が接触してしまいます。 せっかくの高級品を、傷まみれにしてしまうのはあまりにももったいないと思います。 ワンペンカバーならかさばらないのでいつもと同じように胸ポケットに差せますよ。 ポケットにクリップを挟むことも可能です。 こちらもペン同士の接触を防げます。 複数の万年筆や、万年筆以外の文房具も一緒に持ち歩きたいとき、ペンケースを利用したいと思います。 そんなときにワンペンカバーを装着してからペンケースに収納していただくと、万年筆がキズつく心配なく持ち運んでいただけます。 脱着は万年筆をスルッと滑らせるだけなので、一手間増えた感じがしづらいのもポイントです。 大事な万年筆が傷ついたらどうしようというプレッシャー、あると思います。 そんな窮屈な気持ちからちょっと抜け出すお手伝いができればいいなと思っています。 下記ネットショップでご購入いただけます。 商品の詳細な説明も載っているので、ぜひご覧ください。 https://dunnleather.com/products/dop/